何か体のトラブルが起きた時に最も安くて効果的なものは病院に行くことでもなくて、薬局に行くことでもなくてあらかじめ持っておくことです。病院に言っても薬をもらうまで時間がかかるし、薬局に行くのも風邪引くと面倒ですからね。所謂「救急箱」ですね。でも以下のもの揃えておくと、昔よりずっとリーズナブルで効果的なものを揃えられると思います。

鎮痛薬・解熱薬
まずなんと言ってもロキソニン(ロキソプロフェン)です。あらゆる痛み・発熱に対して便利です。私もよく使います。胃腸が弱い人・腎臓が悪い人・高齢の方は右のアセトアミノフェン(タイレノール)の方が安全です。アセトアミノフェンであっても肝臓が悪い人は使ってはダメです。

風邪薬
軽度の風邪であれば、総合風邪薬が最も安価で使い勝手が良いでしょう。
また、これは本格的になりそうだなという風邪の場合はすぐに麻黄湯を使うとインフルエンザでも2−3日で汗が出てすっと熱が引いてきます。ただこうした風邪薬には心臓を刺激する成分があるので血管や心臓が弱い人は控えましょう。まただるい時は補中益気湯が効きます。

抗アレルギー薬
虫に刺されたり、生魚を食べたりで蕁麻疹が出て救急に駆け込んで来るひとがよくいましたが、大体の人がアレジオンでよくなります。ただひどく出ている場合(アナフィラキシーショック)は別の薬剤を使わないと治らないのですぐ行きましょう。特に呼吸器症状が出ている人は救急車です。発症してから2時間以上経っている場合はアナフィラキシーショックの可能性も少ないのでこれだけ飲んでおけばよくなることがほとんどです。また花粉症の人やただの虫刺されでぷくっとなっている人にも有効です。ただ眠気が出ることがあるので車の運転はNGです。

軟膏
一番使い勝手が良いのがワセリンです。皮膚バリアを覆ってくれるだけなので、乾燥してカサカサしてしまった時でも良いし、ちょっとした火傷にもOKです。口腔内に使うケナログ軟膏も常備しておきたいですね。

傷セット
やはり使い勝手が良いのはキズパワーパッドです。汚れていない傷(家の角でぶつけた等)であれば綺麗に水で洗ってこれをつけておけばすぐ治ります。問題は汚れてしまって、傷を綺麗に洗い切れてない場合にこれを使うと化膿してしまうので、抗菌薬軟膏+ガーゼを毎日創部洗浄後に交換が確実です。ただ動物に噛まれたとか引っ掻かれたとかあればかなり強い菌に犯されている時があるのでちゃんと病院で内服の抗菌薬をもらいましょう。

これだけでも、凡そのことには対応できます。
全て買っても5千円程度です。いい時代ですね。